端末機能の種類と比較

現時点で考えられる主要端末の機能を(私の主観で)比較してみました。

比較表(作成中)


どの機能を重視するかは、好みや目的次第

電子ペーパー/Eインクの技術を用いたKindleなどの専用端末は、バックライトを使っておらず、紙を見るのと近い感覚で電子書籍を読むことができます。しかし、現状はカラー表示ができないため、Web閲覧やゲーム含めた他のアプリの機能の拡張には限界があるでしょう。

スマートフォンはベースは携帯電話であり、通話機能を持っています。通話機能を持ちそうなのは、とりあえずはスマートフォンだけです(Skypeを除けば)。ただ、小型であるため、リーダーとしては使いにくいと感じる方も多いでしょう(小さいので大量の活字を読みづらい)。

Appleは、iPadの目玉機能の1つとして電子書籍をあげているわけですが、専用リーダーであるKindleに比べると、本としての読みやすさの面では劣ると予想されます。しかし、iPadには豊富なゲーム・アプリが提供され、Web・音楽・映像を楽しむ機能が充実すると予想されます。

機能面を比較しても、どの端末がよいとは一概には言えません。どのタイプを選ぶかは、個々人の好みや目的にもよってくるでしょう。