iPadの日本における利用

iPadの米国での発売時期は、Wi-Fiモデル(Wi-Fi通信のみ)が4月3日、Wi-Fi+3Gモデル(Wi-Fiと3G通信が可能)が4月末予定とアナウンスされています。

日本については、全モデルが4月末から発売を開始と発表されています。オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、英国については、日本同様に4月末から、これら以外の各国では今年下半期に発売とのことです。

電子書籍提供サービスであるiBooksは米国から提供開始とされており、日本については今のところ未定です。

日本で販売されるiPadは当然日本語対応ですから、日本の出版社とAppleの協議がまとまり、日本語書籍がiBookstoreに提供されるようになれば、iPad端末ですぐに電子書籍を利用できるようになると想定できます。

また、iPhoneには青空文庫(ネットで無料公開されている著作権切れの書籍)を読めるアプリが存在しています。iPadも、発売直後から同様のアプリを使って青空文庫を読むことができると想定できます。