Kindle(キンドル)

キンドル(Kindle)は、アマゾン(Amazon)が発売している電子書籍専用の端末/リーダーです。2007年11月、米国にて初代Kindleが発売され、現在はKindle 2(2009年2月発売)とKindle DX(2009年6月発売)が主流となっています。

キンドルの特徴は、3G通信機能を備えており、どこにいても短時間(1分以内)で新たな書籍の購入ができるところです。現在は通信料をアマゾンが負担しています。

この特徴に加え、新刊やベストセラーを含む420,000冊以上(2010年2月時点)の書籍が安価に買えるKindle Booksの利便性がユーザーに受け入れられ、電子書籍リーダーとして初めて世に普及することに成功する端末となりました。


価格

Kindle DXは、2010年1月19日(日本時間1月20日)に米国外にも出荷が開始されました。日本で購入するには、本体:$489.00の他にShipping & Handlingの$26.97とImport Fees Depositの$34.96が必要となります(2010年3月10日時点)。


Kindle 2とKindle DXに共通した機能

Kindleの基本的な機能として2つの端末に共通して備わっている機能は、次があげられます。

3Gワイヤレス通信については、どこにいても60秒以内で書籍のダウンロードが可能とうたわれています。通信には特に契約は不要、通信料は現在はAmazonが負担しています。


Kindle 2とKindle DXの違い

Kindle 2とKindle DXの一番の違いはその大きさです。Kindle DXは、より大きなディスプレイを備えています。

 大きさ・重さの比較 >>

その他の違いとしては、データを保存するための容量の差があります。Kindle 2が2GB(約1500冊)、Kindle DXが4GB(約3500冊)という仕様です。もう1点細かい点ですが、Kindle DXには、端末の向きに応じて縦横の表示を変えてくれる自動回転機能がついています。Kindle 2でもタテ表示とヨコ表示を変えることができますが、マニュアル操作が必要になります。