電子書籍とは

電子書籍をユーザーの視点で表現すると、「持ち歩くことができる本棚、本屋、図書館」と言い表すことができると思います。何百冊、何千冊といった本を手軽に携帯でき、いつでも好きな本を買うことができる、そういった利便性の高い端末機器・サービスの普及がすでに始まっています。

他の呼び方として、デジタル書籍、電子ブック、Eブック、ネット書籍などと呼ばれることもあります。すでに携帯電話でコミックや小説を読めるサービスが国内でも展開されており、利用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

電子書籍の具体的な姿は、「電子機器のディスプレイにて閲覧する出版物(本、新聞、その他)」になります。紙とインクで作られていた印刷物が、モバイル端末のディスプレイに取って代わられるわけです。

さらに、端末機器に備わった情報処理・保存機能や通信機能を活かすことで、従来の紙媒体にはない大きな利便性が得られます。

電子書籍の特徴

「目が疲れそう。バッテリーとか大丈夫?」という意見もあると思いますが、それらの問題は電子ペーパー/Eインク技術の発達によって解決されてきています。

電子書籍を利用するには、@端末(表示させるための電子機器)、A電子書籍提供サービス(ネット書店など、コンテンツの提供者)の2つの要素を揃えることが必要になります。


 → 端末について

 → サービス(ネット書店)について